Name
Password

DBFluteフラグメントの更新

  • 2010-02-02 14:25:54

DBFluteがバージョンアップした場合は、DBFluteフラグメント(dbflute-fragment-generic)が内包するDBFluteをバージョンアップする必要があります。ここではその手順を説明します。

以下、バージョンアップ前のDBFluteのバージョンをA、バージョンアップ後のDBFluteのバージョンをBとして説明します。

  1. DBFlute-Bのダウンロード

    DBFluteのWebサイトからDBFlute-Bのアーカイブをダウンロードして下さい。

  2. アーカイブの展開

    DBFluteフラグメントプロジェクトにsrc/main/skeleton/mydbflute/dbflute-Bというフォルダを作成して、ダウンロードしたアーカイブをこのフォルダに展開して下さい。

  3. 古いソースツリーの削除

    src/main/skeleton/mydbflute/dbflute-Aを削除して下さい。

  4. プロジェクト用設定の更新

    src/main/skeleton/dbflute_${projectName}とsrc/main/skeleton/mydbflute/dbflute-B/etc/client-template/dbflute_dfclient.zipを展開したディレクトリの内容をEclipseで比較して下さい。

    違いのあるファイルについて、現在の設定を破壊しないよう注意深く内容のマージをして下さい。

  5. メタデータの更新

    src/main/skeleton/VILI-INF/behavior.propertiesの中のdbflute.versionに書いてあるDBFluteのバージョンをAからBに変更して下さい。

    新たにシェルスクリプト(*.sh)が増えている場合は、behavior.propertiesのtemplate.excludesにエントリを追加して下さい。

  6. バージョン番号の更新

    pom.xml中のバージョン番号が「A-[リリース番号]」となっているのを「B-0」に更新して下さい。また、dbflute-runtimeへのdependencyのバージョンをAからBに変更して下さい。

  7. 変更のコミット

    ソースツリーへの変更をSubversionにコミットして下さい。